モリンガが癌を治せるというのはウソ!?その真実を発見!

2016y03m28d_063629933

モリンガは亜熱帯地方にある栄養価が高く

 

葉から根まですべて食べられる万能植物として知られています。

 

 

 

このモリンガは別名「奇跡の木」とも言われていて

 

「癌治療に効果があるのでオススメです!」とも一部では言われていたりします。

 

 

 

私の小学校からの友達は21歳のときに子宮頸がんで亡くなったのですが

 

当時癌が発見された時ににはもう末期の状態でした・・

 

 

私は友達が亡くなった後に事実を知ったのですが

 

知らせが来たときは本当に信じれなくてまさに「抜け殻」状態になりましたね。

 

 

 

そんな私たちの大切なものを簡単に奪ってしまう「癌」ですが

 

本当にモリンガには癌を治せる効果があるのか調べてみました!

 

 

 

 

モリンガが癌を治せるというのはウソだと判明!

 

2016y03m28d_063637155

 

 

モリンガは癌自体を治す効果は全く無いことがわかりました。

 

 

 

モリンガは癌を治すのではなく、癌の原因になると言われている

 

「活性酸素」を抑える抗酸化作用のあるということなんです。

 

 

 

要は「癌治療」ではなく「癌予防」ということですね!

 

予防ですよ。予防。

 

 

なので癌を発症してからモリンガを摂取しても全く問題ないそうです。

 

 

具体的にはモリンガに含まれている

 

βカロチン、ビタミンC、E、ポリフェノールが主に活性酸素を抑えてくれているんです。

 

 

 

ここで思うのが「活性酸素ってなんぞや?」ということです。

 

 

「とりあえず活性酸素は体に悪いんでしょ?」

 

くらいのレベルの人が殆どだと思うのでその詳細を説明しますね。

 

 

 

 

実は活性酸素は人間の体には必要なんです!

 

2016y03m28d_063644018

 

活性酸素と聞くと

 

「活性酸素ってとりあえず体によくないものだよね?」

 

みたいなイメージだと思います。

 

 

 

 

しかし活性酸素は私たちにもメリットをもたらしてくれます!

 

 

 

それは殺菌作用が強いということなので

 

体内に入り込んできた細菌を駆除してくれます。

 

また活性酸素は体の元である酵素の働きを促進する効果もあるので

 

細胞の健康を維持するためには必要不可欠なのです。

 

 

 

言わば体の中の警備隊のようなイメージですね~

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

 

活性酸素は増えすぎると老化の原因になります・・

 

何故かと言うと活性酸素は強力な酸化能力があるので

 

ある程度の強い細菌でも簡単に駆除することができるのですが

 

 

 

その強力な酸化能力を持った活性酸素が増えすぎると

 

健康な細胞も攻撃してしまうので老化の原因になってしまうのです。

 

 

 

もちろん活性酸素が適量なら体の健康をサポートしてくれるんですけどね・・

 

 

例えるなら、お酒も適量なら体の健康に良いけど

 

これも量が多すぎると肝臓を壊したりする危険もあるみたいな感じですね!

 

 

 

 

なお自分が活性酵素がどのくらい多いかチェックするには以下の項目をチェックしましょう!

 

 

・コンビニやスーパーの惣菜など加工食品をよく食べる
・煙草を吸う
・お酒をよく飲む
・激しい運動やスポーツをしている
・外回りの仕事が多い
・仕事や生活でストレスを感じている
・空気が良くない地域に住んでいる

 

4個以上心当たりがあると体の活性酸素により

細胞が破壊され始めている可能性がありますよ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ