モリンガと身体管理で生理痛が治る

スクリーンショット(2016-04-22 23.27.28)

モリンガは「薬箱の木」と言われていて注目を浴びていますが

たくさんの効能の中でも女性にとってとってもありがたい効能のひとつが

生理痛の穏和です。

生理痛がまったくない人もいれば重い生理痛で仕事を休まなければ

ならないくらい重度の人もいます。

生理痛は健康体の人には生理痛はないそうです。

生理の期間も4日程で量も多くないそうですね。

私はたまに生理痛がありますがご飯の食べ過ぎでお腹が張っていると

腸に便がたまるのでそのため子宮を圧迫して生理痛になるのかと

思っていたけど・・・

生理痛になる原因はなんだろう?

スクリーンショット(2016-04-22 23.27.41)

子宮を収縮させる「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。

プロスタグランジンは、子宮を収縮させる作用があり、必要が

なくなった子宮内膜を子宮の外に排出する働きがあります。

プロスタグランジンは分泌量が多すぎると子宮を必要以上に収縮

させてしまい、そのため軽い陣痛のような痛みを下腹部や腰に

痛みを感じます。

プロスタグランジンの分泌量が多いと生理痛が起きるんですね。

話がそれますが、陣痛って生理痛の強いバージョンなんですね。

ちょっとほっとしました。

エストロゲンの過剰分泌を防ぐ

プロスタグランジンは女性ホルモンのエストロゲンを元に

生成されるそうで、エストロゲンは肉類や乳製品などの動物性食品を

多量に摂取すると分泌量が増えるそうです。特に乳脂肪を多く摂り

すぎると、コレストロールが高くなり、エストロゲンの分泌を促すと

言われています。

生理前は動物性食品を少なめにするとか身体と相談しながら

食べるといいですね。

動物性食品に偏っていないか食生活の見直しも大事ですね。

え症が生理痛の原因なることもあるの!?

スクリーンショット(2016-04-22 23.28.32)

女性は冷え性のひとが多いですが、身体が冷えていると

血行がわるくなります。

ストレスがたまっているときもホルモンのバランスが

崩れ血行がわるくなります。血行がわるいと骨盤内の血流が

足りないため子宮や卵巣が正常に働かなくなります。

このように、身体の冷えやストレスは生理痛を悪化させてしまう

原因になります。

体の中を温めて血行を良くすることで身体も正常に働くのですね。

女性は冷え性になりやすいので自分で身体の管理をするのは

大事です。積極的に身体を温める方法を取り入れて

冷え症を改善していきましょう。

長々と生理痛の原因を書いてみましたが・・・

モリンガの生理痛に効果のある摂取方法としては、粉末でドリンクにして

飲むのが良いそうです。

モリンガの粉末なら摂取しやすく吸収率が良さそうですね。

モリンガの栄養素は調べれば調べるほどすごいので私もモリンガで

身体の浄化を意識して飲んでみます!

モリンガの粉末を飲んで生理痛が治ったひともいるのでおすすめですよ。

まとめ

動物性食品の多量摂取=女性ホルモンエストロゲンの過剰分泌=

プロスタグランジンの分泌量が増える=生理痛につながる

モリンガパワーと食生活と冷え症の改善で毎月の生理痛を緩やかにして

いつのまにか生理痛がなくなっているといいですね!

毎月生理痛がないひともいるので、生理痛のあるひとはないのが当たり前の

身体になっていきましょう。試してみる価値ありです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ