ズボラなあなたも必見!!モリンガパウダーであなたの健康管理バッチリ!!

スクリーンショット(2016-04-22 22.53.39)

私はいつも「健康は大事だよね~」って口では言っても特に気を使うことなく生活をしていました。

何をやるにも中途半端ですぐ飽きてやめてしまう、そんな私が出会ったのがモリンガパウダーなのです。

健康食品としても、ダイエット食品としても近年有名なモリンガ!

天然植物で栄養価が高く栄養素が偏りがちな私達に必要な栄養をまとめて補ってくれるとして世界中で高い注目を浴びております。

モリンガで毎月3キロ!ダイエット!!

スクリーンショット(2016-04-22 22.53.59)

ダイエットのことを考えると苦しいことや、つらいことばかりを連想していませんか?

私はそうでした。

必死に運動してダラダラ汗を流し、食べたいものを我慢して一気に痩せる!

このように一時的にダイエットに成功しても、数か月もしたらどこかで我慢の限界を迎え暴飲暴食、そして自堕落な生活に戻って体重計に乗るたびにため息をついたものです。

そんなときに久々に合う同じ悩みを持つ友人が10キロ以上痩せていて、お勧めしてくれたのが「モリンガ」だったのです。

友人は毎日朝と夜にモリンガパウダーを水に溶かして飲んでいるとの事でした。

もちろん、それを飲んでいるだけではなく、それなりに体を動かしては、食事制限もしていたようです。

ダイエットに成功してもう半年以上今の体重をキープしているって聞いて驚きました!!

私も同じようにダイエットには成功して痩せたりするときはあったのですが、3か月ほどでリバウンドが大なり小なりきて、少しずつ体重が増えてしまうのです。

そこで友人がモリンガパウダーの凄さを説明してくれたのです。

モリンガパウダーには青汁の何倍もの栄養素が入っており、体の根幹から健康体に導いてくれるので、便秘や冷え症が和らぎ症状を抑え、新陳代謝や自律神経などが正常に働いてリバウンドを防いでくれていたようなのです。

毎日が新しく生まれ変わった私の体!!

スクリーンショット(2016-04-22 22.54.14)

私が最初に実践したのは、モリンガパウダーを水に溶かして毎日1~2杯飲む、たったこれだけでした。

もともと便秘気味の私はすぐに便秘が解消され、気持ち的にうれしくなりました。

それだけでも、飲む価値があると思ったぐらいです。

その、毎朝の気怠さが、だんだんと元気に朝を迎えられるようになりました。

それはモリンガの中に入っている成分、ビタミンAやビタミンBなど、毎日の必要とする大切な栄養素をここで大きく、まかなうことができ体が日々、軽くなるのを実感したからです。

体が健康になると気持ちが前向きになり、どんどん活発になって新陳代謝も上がってより健康な状態に近づく、理想のサイクルを体験しました。

「青汁と何が違うの?」と私が家族に聞かれたことがあります。

モリンガの成分を調べるとわかるのですが、青汁に入っている成分が一般的に16種類の栄養、に対してモリンガには36種類もの栄養素が入っています。

もちろん青汁と同じ栄養素も入っています。

ただ同じ栄養素と言っても青汁の3倍や5倍以上の栄養が詰まっており効果が断然違ったのです。

家族には「青汁は日本では有名だけど世界ではモリンガが有名なのよ~」と答えてあげました。おかげでモリンガパウダーの減る量が何倍も増えたのは言うまでもありません。

まとめ

体調管理がおろそかになりがちな現代社会の私達ですが、そんな私たちを支えてくれる栄養豊富で優秀な植物それが「モリンガ」です。

世界中では幅広く周知されており、多くの方に愛用されております。

健康な時に健康管理に気を使うのは難しいのですが、いざ不健康になってから改善するのはもちろん難しいのです。

まずは、便秘解消、冷え症改善、ダイエットなど、どんなささいな理由からでもいいのですが、まずはモリンガを摂取してみて実感してみてください。

モリンガパウダーは水に溶かす以外にも様々な食品に直接振りかけて摂取しても問題ありません。

私が実際おすすめする方法を何個か書いておきますね。

・カレーやシチューに振りかける

・サラダの上に振りかける

・ケーキの上に振りかける

正直慣れてくるとどこにでも振りかけたくなります。

味や触感がそんなに変わるわけではないので、食べ物に軽く振りかけて食べることも多いです。

もちろん過度な摂取は意味をなさないので、適量を毎日続けることが大事です。

私はパウダーをバックに入れて、出先でもチョチョイと振りかけて使ったりします。

それをみた友人や知人にモリンガを説明するのが最近は楽しくて仕方がないのです。

海外では命の木と呼ばれるモリンガその豊富な栄養素を体に取り入れ
新しい自分と出会いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ